最近の留学は

わたしの周りには、なぜか留学経験のある人が多い。
例えば現地の高校・大学を卒業した人もいるし、日本で外国語大学に通い、
1年間外国へ留学してた人もいる。

英語だけじゃなくてフランス語・スペイン語・中国語などなど、
他国の言葉が話せる人もけっこういるしね。

ところで『留学』と聞くと『語学留学』を想像してたわたしだけど、
最近は語学だけじゃなく+αで別のことを学ぶ留学コースが人気みたいだね。

例えばわたしの友達はオーストラリアで英語を学びながらネイルの勉強をしてきたし、
別の友達はタイで「タイ式マッサージ」の資格を取得。
ちなみにその彼女、今は自分でサロンを経営してるんだけど、
常に予約がいっぱいで大人気!
やっぱり本場で修行した人は、テクニックが違うのよね〜。

それからまだ行ってはいないんだけど、本場・インドで「ヨガを学びたい!」って
言ってる友達もいる。
彼女は実際にネットで調べたりエージェントを探したりしてるみたいで、かなり本気モード。

「せっかく学ぶなら本場で!」って言ってたけど、その気持ち分かるな〜。
たとえ少しでも本場の雰囲気を味わうことができたら、
なんだかさらに上達できそうな気がするよね。

 

【お気に入りリンク】 ヒザ下脱毛

 

アメリカ留学のコツとは?

以前アメリカへ留学していた友達が、同じくアメリカへ留学するわたしの従姉妹のために、
「アメリカ留学のコツ」をレクチャーしてくれた。

彼曰く、「とにかく何でも質問すること」がとても大切なんだって。
先生が言ったことや英語の内容が分からなかった時、そのままにせず積極的に質問する。
アメリカでは、先生の講義を中断してでも質問する生徒は珍しくないんだって。
とは言え「みんなの前で質問するのは恥ずかしい」って思っちゃうのが日本人。
それなら質問をノートなんかに書いて、授業後先生に直接説明してもらうのがいいかもね。

それから、「日記・ブログを英語で書くこと」。
初めのうちは時間がかかってしまうけど、自分の思ったことを文章にすることで
『書く力』を養うことができるらしいよ。
それに過去の日記を読み返してみたら、自分の英語がどんな風に伸びてるか
確認することもできるしね。

そして彼がもっとも力説してたのが、「はっきりNOと言えるようにすること」。
留学中はなにかと依頼や誘いを受ける機会が多いそう。
相手に悪いと思って引き受けてばかりいると、
自分がやりたいことができなくなっちゃうことも。
断ったからと言って相手から二度と誘われなくなることはないから(笑)、
気にしなくてもいいって。

案外これが、アメリカ留学を成功させるコツなのかもね。

© 2012 Let's留学!. All rights reserved.